ロレックス・ ROLEXのデイトナ16520の魅力

日本人の方々がロレックス・ ROLEXのウオッチに憧れを持っているというのは、ズバリ、ロレックス・ ROLEXのデイトナに憧れを持っているのではないでしょうか。

ロレックス・ ROLEXのデイトナは、なかなか簡単には手に入らない高級ウオッチのようです。そのようなロレックス・ ROLEXのデイトナを持つことが、あなたを地位の高い人間であることを証明してくれることになります。

ロレックス・ ROLEXのデイトナに対しての憧れ

ロレックス・ ROLEXマニアの方々も、ただロレックス・ ROLEXのウオッチが欲しいということではなく、どのロレックス・ ROLEXが欲しいかしっかり見極めていることでしょう。

ロレックス・ ROLEXのデイトナ16520が欲しいという人たちもとても多いです。2016年に新しいデイトナ116500LNが登場することになり、あこがれのロレックス・ ROLEX 16520は既に先々代ということになります。

ロレックスデイトナには、現行116500LN・先代116520・先々代16520というおおまかな歴史の歩みがあります。

16520は、116520と比較をしても、ムーブメントに違いがあります。ロレックス・ ROLEX が好きというのなら、やはり男性なら、どうしてもロレックス・ ROLEX の内部まで追求してしまうことでしょう。

ロレックスデイトナ16520

16520は、 もともとゼニス製の「エルプリメロ」を、 ロレックス・ ROLEXがチェーンアップCal.4030したものです。ロレックス・ ROLEX は、 ムーブメントも以前から自社生産というポリシーはあります。しかし、それでもクロノグラフだけは、設計の難易度が相当高く、 他社のムーブメントをベースムーブメントとして採用しなければならない事情があったようです。

やがて、クロノグラフが、自動巻式へ変化する時代が来ます。それを機会として、手巻式デイトナは廃盤へと、 自動巻式デイトナを作ろうというモチベーションが生まれることになります。

信頼できる時計を生産しなければならない

当時、自動巻クロノグラフの自社生産は相当ロレックスにとって覚悟が必要だったと言えます。信頼できる時計を生産しなければロレックスの時計ではないからです。

ですから、ロレックスはリスクを最小限に留めるためにも、 ゼニスのエルプリメロに依存しなければならない事態があったと言います。

その形を留めているものが、 16520です。さらに、ロレックス・ROLEXは、ノウハウをしっかり蓄積することで、 自社製クロノグラフの116520が誕生することになります。